日本版カジノスロットマシン”Wild Sumo”(Gamatron社)

“Wild Sumo”のプレイ感想





目次

1. “Wild Sumo”の概要
2. “Wild Sumo”のおすすめポイント
3. “Wild Sumo”の還元率(RTP)
4. “Wild Sumo”をプレイできるカジノ
 ・ベラジョンカジノ
 ・カジ旅



1. “Wild Sumo”の概要

Wild Sumo」(ワイルド相撲)は、3×5リール、固定10ペイラインのビデオスロットで、「Gamatron」社が製作したスロットマシンです。「Gamatron」社は、相撲や忍者、寿司、花火、浮世絵、こけしなど、日本を連想させる和風テイストスロットマシンを数多くリリースしているゲームソフトプロバイダーで、2019年に日本に上陸した最新カジノ関連会社として知られています。



本作品は「相撲」をテーマとするビデオスロットで、様々な力士の顔、手、東西南北、軍配うちわなどがリール上に表示される絵柄となっています。一方、ワイルドシンボルは「夕暮れの力士」で、こちらの絵柄は5つのリールのどこにでも表示される可能性があり、すべてのシンボル絵柄の代用として利用することができます。そして、配当をゲットした際、ワイルドシンボルが含まれている場合は、スロット画面右側の「番付けメーター」(幕内・小結などリアル相撲における番付けクラス)が上位クラスに昇進するシステムになっています。



また「Wild Sumo」には、「マルチプライヤー」と「ワイルドスローズ」という2つのトレーニング機能があり、「マルチプライヤー」は配当を2~4倍に増加させる機能で、画面上では力士が張り手を行い、太い木が見事な彫刻に変化する映像が流れます。






一方、「ワイルドスローズ」(Wild Throws)は、2~5個のワイルドシンボル(Sticky Wild)をリール上に追加する機能で、画面上には力士が対戦相手を投げる映像が流れます。






* 当スロットと同じように「相撲」をテーマとするビデオスロット「Yokozuna Clash」(”YGGDRASIL”社製)もあるので、こちらもぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。



目次に戻る




2. “Wild Sumo”のおすすめポイント

「Wild Sumo」(ワイルド相撲)には、マルチプライヤーやワイルドリールなどのボーナス機能を備えた「フリースピン」と「グランドトーナメントボーナスゲーム」が搭載されており、これらのゲームは多くの配当を得るチャンスとなるボーナスステージになっています。



「グランドトーナメントボーナスゲーム」は、スロット画面右側の「番付けメーター」(幕内・小結などリアル相撲における番付けクラス)が最高ランクの地位(つまり横綱)になると発動するボーナスゲームです。プレイヤーと力士(コンピューター)がカードバトルを行うゲームになっており、配布された3枚のカードから1枚のカードを選択して勝負に挑みます。そしてバトルに勝利すると、配当を2~4倍に増加させる「マルチプライヤー」や2~15回無料でスロットスピンできる「フリースピン」、あるいはリールの1つをワイルドシンボルに変化させる特典をゲットできます。



また「フリースピン」は、グランドトーナメントの後にスタートするボーナスゲームで、10回の無料スロットスピンに加えて、グランドトーナメントで得た分の回数を無料でスロットスピンするゲームです。フリースピン中にワイルドシンボル「夕暮れの力士」が1リールを埋め尽くす拡大シンボルに代わり、フリースピンが終了するまでずっとピン止めされるため、無料で追加配当をゲットしやすくなるまたとないチャンスになります。しかし、フリースピン中に追加でフリースピンを獲得することができない仕様になっているので、無料スピンが永遠に続くことはありません。



目次に戻る




3. “Wild Sumo”の還元率(RTP)

95%




4. “Wild Sumo”をプレイできるカジノ

ベラジョンカジノ




ベラジョンカジノの詳細はこちら



カジ旅




カジ旅の詳細はこちら



目次に戻る




関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング