日本版カジノビデオスロット”Ukiyo-e”(Gamatron社)

“Ukiyo-e”のプレイ感想





目次

1. “Ukiyo-e”の概要
2. “Ukiyo-e”のおすすめポイント
3. “Ukiyo-e”の還元率(RTP)
4. “Ukiyo-e”をプレイできるカジノ
 ・ベラジョンカジノ
 ・カジ旅



1. “Ukiyo-e”の概要

Ukiyo-e」(浮世絵)は、3列×5リール、30ペイライン(固定)のスロットマシンで、「Gamatron」社が製作したスロットマシンです。「Gamatron」社は、相撲や忍者、寿司、花火、浮世絵、こけしなど、日本を連想させる和風テイストスロットマシンを数多くリリースしているゲームソフトプロバイダーで、2019年に日本に上陸した最新カジノ関連会社として知られています。



本作品は、江戸時代に栄えた日本を代表する風俗絵画「浮世絵」をテーマとするビデオスロットで、 芸、富、浮、扇の漢字4つをデザインした絵柄や、江戸時代の大奥から娼婦風の4人の女性、五右衛門を含む4人の男性など、歴史上の人物が描かれた絵柄で構成されています。一方、ワイルドシンボルは「冨嶽三十六景」のように見える浮世絵で、こちらの絵柄はボーナスシンボル(BONUS)を除くすべての絵柄の代用として利用することができます。



また「Ukiyo-e」では、”2×2″や”3×3″サイズで1ブロックを形成する巨大シンボルが採用されており、通常のビデオスロットよりも飽きがこない印象があります。








* ただし、ボーナス絵柄には巨大シンボルがありません。また、ボーナスゲームでのフリースピンでは、ワイルド絵柄だけが巨大シンボルとなります。



目次に戻る




2. “Ukiyo-e”のおすすめポイント

「Ukiyo-e」(浮世絵)には、フリースピン中にボーナスシンボル(BONUS)が3~5枚ヒットすることで、5~20回のさらなるフリースピンを獲得できるシステムが採用されています。



また、ボーナスシンボルがリール上に3~5枚出現することによって「流鏑馬トーナメントギャンブル」ゲームが発動します。このゲームに入ると、最初にフリースピンのラウンドがスタートし、途中で「ギャンブル」ボタンをタップすることにより、さらなるフリースピンを獲得できるチャンスとなる流鏑馬(やぶさめ)トーナメントが始まります。



流鏑馬トーナメントゲームでは、馬に乗って弓矢を射るキャラクターが的を見事に射るか外すかによって、フリースピンの回数が追加されるか失われるかが決まり、キャラクターには「芸者」、「猫」、「弓騎兵」の中から1つがトーナメントゲームを出現させたボーナスシンボルの数に基づいて決定されます。そして、プレイヤーのベットできる回数はフリースピンの数に応じて異なっており、具体的には5回賭けて最大25回、10回賭けて最大45回、20回賭けて最大90回のフリースピン数となります。



目次に戻る




3. “Ukiyo-e”の還元率(RTP)

96.50%




4. “Ukiyo-e”をプレイできるカジノ

ベラジョンカジノ




ベラジョンカジノの詳細はこちら



カジ旅




カジ旅の詳細はこちら



目次に戻る




関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング