オンラインカジノの大稼ぎスロットになるか?Play’nGO機種

“Rise of Dead”のプレイ感想




1. 概要

Rise of Dead」は、20本の固定ペイラインがある3×5のビデオスロットゲームです。人間とは違う地球外生命体チックなファラオが統治している古代エジプトの世界を舞台にしたビデオスロットです。絵柄デザインについては、ワイルドシンボルは黄金のコガネムシの絵柄、高配当シンボルは3人の人間離れしたファラオたちの絵柄、低配当シンボルはトランプの数字を思わせる「10,J,Q,K,A」の絵柄が用意されています。



他のスロットマシンと同じく、フリースピンゲームで多くの賞金の獲得を狙うことが1つの楽しみ方ですが、「Rise of Dead」ではメインゲーム中に1、3、5番目のリールがランダムに固定化停止(マッチ)されて、残りのリールでスピンを行う「神の贈り物」ミニゲームが用意されているので、時おり勝率の増加が期待できます。また、メインゲーム中の各ラウンドで1つのシンボル(絵柄)がランダムに選択され、各リールの12の連続するスペースをいっぱいにする「メガスタック」も、思いもよらない賞金獲得に導いてくれるという意味で面白いシステムです。






さらにフリースピンのシステムがプレイヤー側に嬉しい設定で導入されているため、大稼ぎに向いたスロットマシン機種の1つと言えるかもしれません。



2. おすすめポイント

「Rise of Dead」では、黄金石板シンボルがスキャッターシンボルになっており、この絵柄が1、3、5リール上に合計3枚表示されると10回分のフリースピン「古代のフリースピン」が発動します。また、古代のフリースピン中に1枚、2枚または3枚の黄金石板シンボルがふたたびリール上にそろうと、それぞれ2回、4回、10回分の追加スロットスピンをゲットでき、しかもフリースピンの数に限度回数が設定されていないため、高い確率で繰り返し無料スピンが発動することになります。






また、フリースピン中に「10,J,Q,K,A」から1つのシンボルがランダムにスタックされて、各リールの8つの連続スペースをいっぱいにするほか、ワイルド絵柄もリール上で重なって現れて、6または7つの連続するスペースをいっぱいにします。さらに、勝利の組み合わせを作れる場合にかぎり高配当シンボルのファラオ絵柄がリールで拡大するなど、フリースピンを獲得した時はかなりワクワク楽しめると思います。



一方「Rise of Dead」は、アジア(マカオフィリピンなど)やオーストラリアのカジノ場で頻繁に目にする「Play’n GO」社が製作したスロットマシンなので、カジノ場に居なくても同等クオリティーのゲームをスマートフォンで楽しめる点はかなりうれしいメリットです。また、同社のスロットマシンの説明書きには、ゲームラウンドが中断した場合すべてのゲーム情報および賭けられたベットが次回ゲームを開くまで保存されることや、未完了のゲームで未決定のまま残っているベットは90日後に無効になること、さらに誤動作の場合はすべての支払いおよびプレイが無効となるという内容が記載されているので、安心してゲームをプレイできるのではないでしょうか。



3. 還元率(RTP)

約96.53%



★”Rise of Dead”をプレイできるカジノ
オンラインカジノの口コミランキングはこちら




関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング