ベラジョンカジノの稼ぎやすいビデオスロット”MightySphinx”

“Beat the Beast: Mighty Sphinx”のプレイ感想





目次

1. “Beat the Beast: Mighty Sphinx”の概要
2. “Beat the Beast: Mighty Sphinx”のおすすめポイント
3. “Beat the Beast: Mighty Sphinx”の還元率(RTP)
4. “Beat the Beast: Mighty Sphinx”をプレイできるカジノ
 ・ベラジョンカジノ
 ・インターカジノ
 ・カジノシークレット
 ・エンパイアカジノ
 ・Bitcasino
 ・ライブカジノハウス
 ・CASINO-X



1. “Beat the Beast: Mighty Sphinx”の概要

Beat the Beast: Mighty Sphinx」は、3×5リール、9ペイライン、243通りのボーナスゲームペイメント、最小ベット額0.10USD、最大ベット額100USDまで賭けることができるビデオスロットマシンです。「ベラジョンカジノ」や「カジノシークレット」など、カジノギャラリー(CasinoGallery.com)で紹介している人気オンラインカジノが提携している”Thunderkick“社(サンダーキック)が開発したスロットマシンで、同社の主力スロット「Beat the Beast」機種の1つとなっています。



リール上に表示される絵柄としては、ピラミッドに鎮座する”スフィンクス”、ゴールデンスフィンクスの彫刻、コペシュの剣、アンク(エジプト十字)、スカラベブローチ、トランプカードの”A,K,Q,J,10″がデザインされたシンボルなどがあります。また、スフィンクスのエンブレムマーク絵柄は、全ての絵柄の代用として利用可能なワイルドシンボルと、ボーナスゲームを発動するスキャッターシンボルとして機能します。さらに、ワイルドシンボルも表示される絵柄の1つとして存在します。






目次に戻る




2. “Beat the Beast: Mighty Sphinx”のおすすめポイント

「Beat the Beast: Mighty Sphinx」が他のスロットマシンに比べて稼ぎやすい、当たりやすい、儲かりやすいと考えられる理由として、スキャッター絵柄である”スフィンクス”エンブレムシンボルがワイルド絵柄としても機能する点が挙げられます。このメリットは、多くのビデオスロットに触れてきた玄人プレイヤーほど、勝てる優位性を上げる要素として注目に値するシステムではないかと思います。また、通常のスロットスピン中に、ランダムで1~3枚の”スフィンクス”エンブレムシンボルが表示される「ミステリーフィーチャー」が発動するので、これは「Beat the Beast: Cerberus’ Inferno」にはない賞金獲得率を上げる特徴となるでしょう。





* “44秒”頃からスキャッターシンボルがそろい始め、ボーナスゲームへ突入していきます。



また「Beat the Beast: Mighty Sphinx」では、スロットマシンのリール上に、”スフィンクス”エンブレムシンボルが3枚以上表示されると、ボーナスゲームが発動します。これは通常のスロットスピン中のほか、ボーナスゲームの最中でも起こる可能性があり、通常スピン中に現れた場合は10回分のフリースピンを獲得できます。また、ボーナスゲーム中は、各スロットスピンのたびに1~3枚の”スフィンクス”エンブレムシンボルがリール上に表示され、さらに再び”スフィンクス”エンブレムシンボルが3枚以上表示されることで、追加で5回分のフリースピンが入手できるシステムになっており、こちらも「Beat the Beast: Cerberus’ Inferno」とは少々異なる特典と言えると思います。



目次に戻る




3. “Beat the Beast: Mighty Sphinx”の還元率(RTP)

96.14%




4. “Beat the Beast: Mighty Sphinx”をプレイできるカジノ

ベラジョンカジノ




ベラジョンカジノの詳細はこちら



インターカジノ




インターカジノの詳細はこちら



カジノシークレット




カジノシークレットの詳細はこちら



エンパイアカジノ




エンパイアカジノの詳細はこちら



Bitcasino




Bitcasinoの詳細はこちら



ライブカジノハウス




ライブカジノハウスの詳細はこちら



CASINO-X




CASINO-Xの詳細はこちら


目次に戻る




関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング