インターカジノの稼ぎやすいビデオスロット”BeatTheBeast”

“Beat the Beast: Cerberus’ Inferno”のプレイ感想





目次

1. “Beat the Beast: Cerberus’ Inferno”の概要
2. “Beat the Beast: Cerberus’ Inferno”のおすすめポイント
3. “Beat the Beast: Cerberus’ Inferno”の還元率(RTP)
4. “Beat the Beast: Cerberus’ Inferno”をプレイできるカジノ
 ・ベラジョンカジノ
 ・インターカジノ
 ・カジノシークレット
 ・エンパイアカジノ
 ・Bitcasino
 ・ライブカジノハウス
 ・CASINO-X



1. “Beat the Beast: Cerberus’ Inferno”の概要

Beat the Beast: Cerberus’ Inferno」は、3×5リール、9ペイライン、243通りのボーナスゲームペイメント、最小ベット額0.10USD、最大ベット額100USDまで賭けることができるビデオスロットマシンです。「ベラジョンカジノ」や「カジノシークレット」など、カジノギャラリー(CasinoGallery.com)で紹介している人気オンラインカジノが提携している”Thunderkick“社(サンダーキック)が開発したスロットマシンで、同社の主力スロット「Beat the Beast」機種の1つとなっています。



リール上に表示される絵柄としては、凶悪な地獄犬とされる”ケルベロス”、ゴールデンケルベロス、騎士のヘルメット、騎士の武器、神秘の壺、トランプカードの”A,K,Q,J,10″がデザインされたシンボルなどがあります。また、ケルベロスのエンブレムマーク絵柄は、全ての絵柄の代用として利用可能なワイルドシンボルと、ボーナスゲームを発動するスキャッターシンボルとして機能します。






さらに、ワイルドシンボルも表示される絵柄の1つとして存在しますが、こちらはリール上に表示される際に、縦一列の3枚すべてがワイルド絵柄となるので、高い確率で賞金を獲得できるというメリットがあると言えるでしょう。



目次に戻る




2. “Beat the Beast: Cerberus’ Inferno”のおすすめポイント

「Beat the Beast: Cerberus’ Inferno」が他のスロットマシンに比べて勝ちやすい、稼ぎやすいと考えられる理由として、スキャッター絵柄である”ケルベロス”エンブレムシンボルがワイルド絵柄としても機能する点と、ワイルド絵柄が縦一列3枚が連なった状態で出現するという2つが挙げられます。この2つのメリットは、多くのビデオスロットに触れてきた玄人プレイヤーほど、勝てる優位性を上げる要素として注目に値するシステムではないかと思います。






また「Beat the Beast: Cerberus’ Inferno」では、スロットマシンのリール上に、凶悪な地獄犬「ケルベロス」のエンブレムマーク絵柄が3枚以上表示されると、ボーナスゲームが発動します。これは通常のスロットスピン中のほか、ボーナスゲームの最中でも起こる可能性があり、いずれも10回分のフリースピンを獲得できます。「Beat the Beast: Cerberus’ Inferno」のボーナスゲームは、まとまった賞金を獲得するためには必須ともいえるフィーチャーゲームで、通常9つのペイラインが243本のペイラインまで広がるという特徴があります。



目次に戻る




3. “Beat the Beast: Cerberus’ Inferno”の還元率(RTP)

約96.15%




4. “Beat the Beast: Cerberus’ Inferno”をプレイできるカジノ

ベラジョンカジノ




ベラジョンカジノの詳細はこちら



インターカジノ




インターカジノの詳細はこちら



カジノシークレット




カジノシークレットの詳細はこちら



エンパイアカジノ




エンパイアカジノの詳細はこちら



Bitcasino




Bitcasinoの詳細はこちら



ライブカジノハウス




ライブカジノハウスの詳細はこちら



CASINO-X




CASINO-Xの詳細はこちら


目次に戻る




関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング