ヨーロッパカジノスロットで稼げる機種!BookOfJuno

“Book of Juno”のプレイ感想





目次

1. “Book of Juno”の概要
2. “Book of Juno”のおすすめポイント
3. “Book of Juno”の還元率(RTP)
4. “Book of Juno”をプレイできるカジノ
 ・ベラジョンカジノ
 ・インターカジノ
 ・カジ旅



1. “Book of Juno”の概要

Book of Juno」(時の将軍)は、3×5リール、10ペイライン、1ラインにつき最小ベット額0.1EUR、最大ベット額6EURのスロット機種で、ドイツのベルリンに拠点を置くカジノゲーム開発企業「Gamomat」が制作した25言語対応のビデオスロットマシンです。2020年12月3日にリリースされ、機種のテーマはローマ神話で「神々の母」と慕われた女神・ジュノ(Juno)の物語となっており、神を祝福するための道を作るため、ジュノ(Juno)がフリーゲーム中にボーナスブロックを移動する力を授けてくれます。



「Book of Juno」で出現する絵柄に関しては、低配当シンボルに「10,J,Q,K,A」それぞれのトランプ数字がデザインされた絵柄、また高配当シンボルには、女神・ジュノ(Juno)、神聖な孔雀、グレープ、グランベリー絵柄、さらにリール上に3枚以上表示されると10回分のフリースピンを発動する「神秘の書物」シンボルがあります。また、通常の絵柄すべての代用となるワイルドシンボルにも、フリースピンを発動するスキャッター絵柄の「神秘の書物」が割り当てられています。






目次に戻る




2. “Book of Juno”のおすすめポイント




「Book of Juno」は、「Gamomat」が制作するスロットマシンの中でも”High“ボラティリティ機種に属しているため、ジャックポット級の賞金を引き当てるのに適するビデオスロットと言えるでしょう。また、「Free Spin」、「Card gamble」、「Risk ladder」といった3種類のボーナスゲームを採用しています。



まず最初の「Free Spin」(フリースピン)は、リール上に「神秘の書物」シンボルが3枚以上そろうことで発動するボーナスゲームで、10回分のフリースピンを獲得できます。こちらのフリースピンは、ボーナスゲーム中に再度3枚のスキャッター絵柄がそろうことで再トリガーされるので、運が良ければ理論上継続的に10回分のフリースピンが追加されていく点は、かなり嬉しいポイントだと思います。






また、「Card gamble」(カードギャンブル)は、スピンで賞金を当てた後、スピンボタン横に現れる「カード」シンボルが描かれたギャンブルボタンをクリックすることで、いつでも参加することができます。このゲームは、いわゆる「バカラ」と同じようなゲームで、裏向きのトランプカード1枚が「赤」と「黒」のどちらの色のカードかを予測するルールとなっています。描かれたカードの色が選択した色と一致した場合は、獲得賞金が2倍になりますが、色が一致しなかった場合は、獲得賞金自体が没収されてしまうのでご注意ください。






そして3つ目の「Risk ladder」(ラダーギャンブル)は、スピンで賞金を当てた後、スピンボタン横に現れる「ラダー」シンボルが描かれたギャンブルボタンをクリックすると参加することができます。このゲームで勝った場合は、現在のステップの上のハイライトされたステップに着地し、負けた場合は下のハイライトされたステップに着地します。ただし、高額賞金やオートプレイモードでは参加できません。



目次に戻る




3. “Book of Juno”の還元率(RTP)

96.14%以上




4. “Book of Juno”をプレイできるカジノ

ベラジョンカジノ




ベラジョンカジノの詳細はこちら



インターカジノ




インターカジノの詳細はこちら



カジ旅




カジ旅の詳細はこちら


目次に戻る




関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング