カジノルーレットで勝つ人の戦略

カジノルーレットで勝つ人の戦略




カジノのルーレットで勝つ人は、各々で様々な戦略手法を持っていることが多いです。そして、その中でも良く知られている方法として、カジノディーラーがボールを投げ入れる位置やボールの速度を分析する方法、ウィールを複数のエリアに分割したり配当率が低いエリアにベットすることで勝率を上げる方法、また数学的な資金管理手法で賭けを行っていく方法やディーラーの選択に注意するなどがあります。



★完全版!ルーレットの最強攻略法
≫ カジノルーレットの攻略法&必勝法5選(完全版)



これらの一般的に知られている戦略手法に関しては、上記ページに大雑把にまとめてみましたが、ここではさらに上級者のための「ルーレットで勝つ人の戦略」を考えていきたいと思います。




1. 利益を再投資する

ルーレットで極力負けないためには、運良く勝っている時にその都度利益の一部を確保しておくプレイヤーが多いように思いますが、たしかにギャンブルが投資と違って運が勝敗を決めるという不確定要素が多いことを考えれば、この方法は非常に優れた手堅い戦略になると言えるかもしれません。



しかし、ルーレットで大きく勝っていくようなプレイヤーは、どこかのタイミングで利益を再投資して勝負に出る傾向が必ずあります。賭け金額にレバレッジを効かせることで、勝った時の勝ち金額を大きくするというわけです。しかも、多くのケースでは「赤枠か黒枠」「奇数枠か偶数枠」といった配当率が低いけれども勝率が高いエリアに大きくベットすることを選ぶため、ハイリスクを避けつつハイリターンが得られる可能性が高まることになります。




2. 大負けを避けるルールを作る

ルーレットで勝つ人の戦略の1つに、勝負を降りるタイミングを、まるで株式投資のトレードを行っているかのようにルールとして決めているケースが多いことが挙げられます。



ルーレットは、長時間気が遠くなるような回数プレイし続けるほど「大数の法則」が働くため、徐々にプレイヤー側が負け越す確率が高くなるよう綿密に作られたゲームとなっています。そのため、ダラダラ勝つまでプレイし続けないためにも、どの時点でゲームテーブルから去るかを前もって決めておいたほうが良いと考えられるのです。



たとえば、ルーレットのグループエリアへのベットに3回連続負けたら賭け金額を半分に下げたり、あるいはそのテーブルから一度席を外したりといったことを、投資でいうところの「損切り」に似たルールとして作っておくのです。このようにすれば、運が遠ざかって負ける流れになった時に、逃げ遅れて負債を抱えてしまう可能性が低くなるなど、かなりメリハリの効いたゲームプレイを経験することができるかもしれません。とくに、大負けすることがなくなる点はメリットではないかと思います。




3. ゲームごとに心を入れ替える

ルーレットで勝つプレイヤーは、心の動きが安定している人が多い傾向にありますが、これは彼らが1回1回のゲームを連続したゲームではなく、独立したゲームであるととらえているため、前にプレイしたゲームの勝敗結果に感情が左右されないことが影響しているのかもしれません。



このような思考でルーレットをプレイすると、かなりスッキリした気持ちでゲームに望めるだけでなく、長期的な視点でゲーム全体の勝敗結果をとらえることができ、結果的に勝つまであきらめずにプレイできる人が多くなるようです。




4. “プラス思考”戦略

ルーレットで勝つ人は、往々にしてプラス思考が強い人が多い印象があります。とにかく、このようなプレイヤーたちは、ギャンブルでは必ず負ける経験を経なければならないことを理解しており、何度もお金を失う痛みに耐えられるだけの精神的強さを持っているのです。仮に、もともとお金を失うことに抵抗がある性格のプレイヤーであったとしても、戦略的に感情をプラス思考に持っていくことによって、ルーレットで勝つマインドになる人もいるようです。



また、ルーレットで勝てる人は、自分が負けたという事実を素直に受け入れることができる度量も持っています。万が一ゲームで大負けしてしまっても、負けた理由をゲームを取り仕切っていたディーラーや途中でゲームテーブルに参加したアンラッキープレイヤーなどのせいにしたりはしません。「責任は自分にあり、他人のせいにしない」ということは、ルーレットで勝つためのマインドとして必要な気がします。


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング