カジノルーレットで大勝ち&勝ち続ける人の共通点は?

カジノルーレットで大勝ち&勝ち続ける人の2つの共通点



1. 二者択一ベットを含めた分散投資をする

ルーレットで勝ち続けられるプレイヤーの特徴として、リターンは少なくても極力リスクを排除した賭けを行うという点が挙げられます。具体的には、当てたら2倍配当を得られる「赤か黒」「奇数か偶数」「1-18か19-36」のいずれかのエリアへの賭けを中心に、そのほかの数字スポットやグループエリア(これらのエリアの配当は約3倍~36倍)にベットする方法を行うケースが多いです。



2倍配当は、ルーレットの配当率の中で最低の還元率であると同時に最も負ける確率が低い配当枠でもあるため、2倍配当エリアへのベッティングはローリスクローリターンにつながります。また、この倍率のエリアは、バカラでバンカー側かプレイヤー側に賭ける時とほぼ同じ状況と勝率(つまり確率約1/2)であるため、賭け方によっては思ってもみなかった大勝ちを経験する可能性を秘めており、たとえば1万円を持っている人であれば、わずか1日でそのお金を100万円にすることも理論上可能となっているのです。その意味でも2倍配当エリアへは極力毎回のゲーム度にカジノチップを置いて賭けた方が良いと思います。


* このエリアへのベッティングでは、バカラ攻略法で良く利用される資金管理法を活用することもできます。
バカラ資金管理法の詳細はコチラ



ちなみに、2倍配当エリア以外の数字スポットやグループエリア(これらのエリアの配当は約3倍~36倍)へも賭けを分散させた方が良い理由としては、これらのエリアは2倍配当エリアよりも勝率が低くなるといえども、勝率はあくまで気が遠くなるくらい長時間プレイした時のトータル結果の収束値を予測した数字にすぎず、普通にプレイしている分には勝敗結果にさほど影響が出ないからです。



つまり極端に言えば、あるゲームの中では2倍配当よりも6倍や8倍、あるいは12倍配当エリアの方が当たりやすいという結果が出るケースもあるということです。また、ローリスクローリターンのエリア以外に、高配当エリアへカジノチップを置いて資金分散することでルーレットゲームにさらなる楽しさが増すことも、結果的に良い結果を生む要因になりえるかもしれません。



2. 基本的に運が良い

ルーレットで長きにわたりトータルプラスを実現できているプレイヤーは、基本的に運に恵まれた人がほとんどだと思います。彼らの多くは、自らビジネスや投資を行って生活している人が多く、とくに事業が上手くいっていて羽振りが良い人ほど、ルーレットなどのカジノゲームで強さを発揮する傾向にあり、これはカジノVIPルームの担当者などに聞くとほぼ事実であることが理解できるのではないでしょうか。



経営手腕に長けて経済力がある事業家は、時流に沿った情報や商品をいち早くキャッチして、それらをしかるべきタイミングで世に送り出すことを意識的または無意識的に行うことができます。また、成功している投資家も同じで、将来時流に乗って注目されたり価値の上昇が見込める投資先を一足早く探し当てる能力が高い傾向にあります。



そして、彼らに共通する点が強運の持ち主であるということで、何気なく見つけた物や選択したことが次の展開に進む大きなきっかけとなり、後々「アッ」と驚くような成果となって返ってくることがよくあるようです。いわゆる直感(インスピレーション)の感度が高いというイメージがぴったりで、この直感というものが、近年では宇宙であったり本人の高次元意識であるハイヤーマインドからのアイデアであると言われるようになってきています。



つまり、何かしらの方法で直感やインスピレーションをとらえる力を身に着けることが、ルーレットで大勝ちしたり長期的に勝ち続けられるプレイヤーになるための一つの方法になりうるかもしれないのです。


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング