カジノルーレットで勝てない理由は?(稼げない)

オンラインカジノルーレットで勝てない3つの理由



1. 38個マスのルーレット台を選んでいる

ルーレットの台(レイアウト)やウィールには大きく分けて2種類のタイプがあり、38個の数字で構成される「アメリカンタイプ」と、37個の数字で構成される「ヨーロピアンタイプ」に分かれます。



そして、通常1/38の確率で当たるアメリカンタイプのハウスエッジ(控除率のことで賭け金に対するカジノ側が得る手数料に相当)は約5.26%で、1/37の確率で当たるヨーロピアンタイプのハウスエッジは約2.7%ほどです。



そのため、確率的にはヨーロピアンタイプの方が約2倍勝ちやすいテーブルと言えるので、ルーレットで勝てないと感じる場合は、ヨーロピアンタイプを選んでいるかどうか一度確認してみると良いかもしれません。



ただ、現在はアジア・アメリカのほとんどのカジノ場で、ルーレットと言えばアメリカンタイプが採用されているので、ヨーロピアンタイプを探すのは難しい現状はあります。



2. 高配当エリアを狙っている

ルーレットは、当たれば最高で36倍という高配当を得られるプレイヤー側にとって嬉しいカジノゲームですが、ルーレットで勝てないプレイヤーほど高配当のベッティングエリアを選んで一発当てようとする傾向にあります。



しかし、ルーレットは配当倍率が高くなるほど勝率が下がるシステムになっているので、少なくとも36倍配当を当てることなど絶対に無理であると最初から考えてプレイすべきなのかもしれません。



このことから、賭けを行うときは、配当率が低いベットエリアを中心にチップを賭けていく方が、勝つ確率を上げることができると思います。下記にベットエリアの種類を掲載しましたので、ぜひ参考に活用してみてください。



ルーレットの配当率  
ストレートアップ
(straight bet)
1~36までの数字の1つに賭ける36倍配当
スプリット
(split bet)
2つの数字に賭ける18倍配当
ストリート
(street bet)
3つの数字に賭ける12倍配当
コーナー
(corner bet)
4つの数字に賭ける8 or 9倍配当
ファーストファイブ
(first five bet)
5つの数字に賭ける6 or 7倍配当
ライン
(six way bet)
6つの数字に賭ける6倍配当
コラム
(column bet)
3つの列から1列を選ぶ3倍配当
ダズン
(dozen bet)
12個の数字に賭ける3倍配当
アウトサイドベット-1
(even chances)
18個の数字に賭ける2倍配当
アウトサイドベット-2
(even chances)
偶然/奇数のいずれかに賭ける2倍配当
アウトサイドベット-3
(even chances)
赤/黒のいずれかに賭ける2倍配当



なお、最低配当率である2倍のベットエリア(Even Chances)に賭けることは、バカラでバンカー側かプレイヤー側のいずれかに賭けることと同じ勝率(つまり1/2の確率で当たる)でチャレンジすることになるので、連勝の波に乗ることができればかなりの金額を稼ぐことができるのではないでしょうか。



3. 賭けを分散しすぎている

高額の手持ち資金を持っていて、勝つことよりも楽しく遊ぶことに着眼点があるケースでは、より多くのベッティングエリアに資金を分散した方が楽しめると思いますが、資金が少ない状態であれば、資金を失いリスクが低い2倍配当エリア(赤/黒、1-18/19-36、奇数/偶数)に特化して賭けを行っていった方が現実的です。


なぜかというと、高配当のエリアほど勝率が落ちるため、少額資金しか持ち合わせていない場合一回のベットでの失敗が命取りになってしまうからです。



そのため、ルーレットで勝てないと感じている場合は、まずはローリスクローリターンの2倍配当エリアに集中的に賭けを行い、ある程度資金を増やしてから配当の高いエリアや分散ベットを始めると良いかもしれません。



ちなみに、ルーレットの2倍配当エリアでのベッティングは、バカラで利用される資金管理システム(決められたシステムに従って賭け金額を変えたり賭ける順番を決める方法)を応用できるので、知っておいて損はないと思います。


≫ マネーマネジメントシステムの詳細はコチラ



★完全版!ルーレットの最強攻略法
≫ カジノルーレットの攻略法&必勝法5選(完全版)


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング