ウォーターフロントセブシティカジノホテル(フィリピン)

目次

1. ウォーターフロントセブシティカジノホテルの名称
2. ウォーターフロントセブシティカジノホテルの概要
3. ウォーターフロントセブシティカジノホテルのカジノ
4. ウォーターフロントセブシティカジノホテルの詳細データ
5. ウォーターフロントセブシティカジノホテルの地図
6. フィリピンカジノスロットをオンラインで無料プレイできる!



ウォーターフロントセブシティカジノホテル(フィリピン)

リゾート名

ウォーターフロントセブシティホテル/カジノフィリピン



概要

ウォーターフロントセブシティカジノホテル」(Waterfront Cebu City Hotel and Casino)は、中世ヨーロッパの城をイメージして造られたリゾートホテル&カジノです。セブの蒸し暑い気温の中道路を歩きながらふと上を見上げると、まるでメルヘンチックなお城の蜃気楼を見ているような錯覚に陥るかもしれません。







館内は一変、木材の香りが良い東南アジア建築やアンティーク風の彫刻がほどこされたインテリア空間が広がり、聞き心地の良いクラシックPOPの生演奏が流れています。中国・日本・イタリアンレストランなども軒を連ね、ラグジュアリーなひと時を満喫できるでしょう。



なお、ホテルのすぐ近くにはセブ島最大級のショッピング施設「アヤラセンターセブ」があります。







目次に戻る



カジノ

ホテル2階に「カジノフィリピン」が併設され、場内は1フロアに「スロットマシンルーム」、「テーブルゲームルーム」、「ポーカールーム」の3部屋が1列に配置されています。





とくにジャックポットスロット機種バカラテーブルの設置台数が多く、まるで「一攫千金」をテーマに造られたカジノなのではないかと思うほど。逆にポーカーテーブルはありません。また、テーブルゲームのフロアには小さなクラブステージがあり、随時POPミュージックの生演奏を聴きひたりながらカジノを楽しめる工夫がされています。



一方で隣のポーカールームでは、「テキサスホールデムポーカー」中心のキャッシュゲーム・トーナメントが随時行われ、「APT」(アジアンポーカーツアー)など世界的ポーカーイベントの開催場所でもあることから、息を飲むくらい真剣なバトルの中「カチャカチャ」チップ音だけが聞こえる印象です。



目次に戻る



詳細データ

●オープン日(開業日):1997年
●住所:Waterfront Hotel, Salinas Dr, Cebu City, 6000 Cebu
●電話:(032)232-6888
●FAX:(032)232-6880
●公式サイト:http://www.waterfronthotels.com.ph
●客室数:561
●宿泊料金:シングル・ダブル$196~246
●チェックイン&アウト:チェックイン14:00/チェックアウト12:00
●休業日:年中無休
●クレジットカード対応:VISA、JCB、American Express、Master Card、Diner’s Club
●日本語対応:あり(ただし少しわかる程度のスタッフが数名)
●交通アクセス:マクタンセブ国際空港からタクシーでウォーターフロントセブシティホテルまで約30分。(片道約400P=約800円)
●備考:タクシーを利用する際は、定額料金でお願いすると高額になりやすいので、「Could you please use meter?」と言って走行距離ごとに料金が加算されていく料金メーターを使ってもらった方が安くなると思います。ただし、渋滞の時はまれに定額料金の方が安くなることがあります。

●平場テーブルゲームのミニマム&マックスベット

ゲーム名 ミニマムベット/Min Bet マックスベット/Max Bet
バカラ 200P
約400円
500P
約1,000円
1,000P
約2,000円
2,000P
約4,000円
5,000P
約10,000円
40,000P
約80,000円
60,000P
約12万円
100,000P
約20万円
200,000P
約40万円
300,000P
約60万円

※ 1PHP(ペソ)=2~2.5円
※ その他のカジノゲームもあります。(ベット額は2015年時点)



目次に戻る



地図




目次に戻る




フィリピンカジノスロットをオンラインで無料プレイできる!




2018年までに、世界第2位のカジノ大国・シンガポールのカジノや世界第4位の収益をほこるカンボジアカジノを抜き、東南アジアで首位になる試算がされている「フィリピンカジノ」。そんなフィリピンのカジノでは、他の国のカジノ場と比べて圧倒的にスロットマシンが多く設置されています。



その数は1つのカジノ場の約半分のスペースを占め、場所によっては「スロットマシン専用ルーム」が完備されているほど!さらに、種類の多さやマシーンクオリティーの高さもマカオ顔負け状態といったところです。



でも、日本からフィリピンまで行くのに旅費やホテル代、さらにまとまった時間も必要だし、なんといってもスロット初回プレイから料金が発生してしまいます。


一定期間しかフィリピンには行けないし、リアルマネープレイ前に無料スピンで様子をみたい・・・



そこで、フィリピンカジノで多種類&最新スロットマシンを体感する前に、オンラインスロットで無料練習プレイしてみてはいかがでしょうか?



MrVegas(ミスターベガス)


2 Million BC


The Incredible Hulk 50 Lines(ハルク)


IRON MAN 3(アイアンマン3)



※ ビデオスロット以外にも、本場カジノで一般的なリアルディーラーとの「ライブ中継テーブルゲーム」やコンピューター相手の「テーブルゲーム」も楽しめます!









オンラインスロットは、パソコンやスマートフォン・タブレット端末さえ持っていればいつでもどこでもプレイできるし、本場カジノでは採用されていない無料プレイが可能なので、まずは無料プレイでビデオスロットのコツをつかんでから有料プレイ、さらには本場カジノでの戦いに備えるという遊び方はいかがでしょうか。


ぜひ一度、世界最新の次世代ビデオスロットを無料体感してみてください!



★オンラインカジノの日本人人気度ランキング
総合ランキングはコチラ


★ゲームをプレイしてみたいけどオンラインカジノを知らない方へ
オンラインカジノが海外の主流ギャンブルである8つの理由



日本の「カジノ」新設は少し先の話ですが、オンラインゲームの「カジノ」はすでに盛り上がっています♪

一足先にカジノゲームを知りたい方は要チェックです!



★フィリピンカジノリゾートホテル一覧
一覧に戻る ≫
↓ ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ ↓



目次に戻る




関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング