リップル対応オンラインカジノ(Ripple)

目次

1. リップル(Ripple)の概要
2. リップル(Ripple)の信頼性
3. リップル(Ripple)のおすすめポイント
 ・リップル(Ripple)のメリット
 ・リップル(Ripple)のデメリット
4. リップル(Ripple)の採用カジノ
 ・ビットカジノ
 ・ベラジョンカジノ
 ・インターカジノ
 ・Bettilt
 ・CASINO-X
5. オンラインカジノのおすすめ入出金方法



リップル(Ripple)の概要

リップル」(Ripple)は、2004年にカナダのウェブ開発者「Ryan Fugger」により開発され、現在は「Ripple Labs, INC.」により運営されている仮想通貨(暗号資産)です。通貨単位である「XRP」はビットコインと異なり、円、米ドル、ユーロなど他の法定通貨や他の仮想通貨と交換できる両替機能が備わっています。



また、承認作業を行う「プルーフ・オブ・ワーク」(PoW)といったビットコインで使用されているブロックチェーン技術とは異なり、さらに強化したシステムが組まれており、取引時間、決済スピードが数分かかるビットコインより早く、数秒で行える点が特徴です。さらに、金やビットコインのような採掘(マイニング)形式で通貨を得るシステムではなく、「World Community Grid」と呼ばれる研究開発に貢献することが通貨取得につながるので、無駄な電力を消耗せず、地球環境にやさしい通貨といえます。




リップル(Ripple)の信頼性

リップル(Ripple)は、Google(グーグル)が出資したことで話題になったほか、2016年3月には「SBIホールディングス」と「SBIインベストメント」が、米リップルに出資しました。同年5月には共同で「SBI Ripple Asia」を設立し、9月にも追加出資を行っています。



また、2017年3月に「三菱東京UFJ銀行」がリップルを利用した送金サービスへの参入を表明し、2017年5月15日~18日の間に相場が急騰を見せ、2017年1月からじつに約40倍以上もの価値上昇を実現しました。




リップル(Ripple)のおすすめポイント

リップル(Ripple)のメリット

取引所の口座開設が数秒(購入に際し身分証明書登録が必要)
取引所の口座開設料・維持費が無料
スマートフォンのウォレット(電子財布アプリ)に保管ができる
手数料が0円で低コスト・短時間の決済が可能
銀行を介さないため海外送金手数料が安く即時反映
ブロックチェーンの非管理者技術により不正が生じない
世界中で24時間どこでも利用可能
ビットコインより容量が大きく送金速度が速い
クレジットカードの個人情報をカジノ側に知られることがない



リップル(Ripple)のデメリット

取引所が倒産する可能性がある
売買価格の変動が激しく投機的な側面がある
サイバー攻撃を受けて盗難にあうリスクがある




リップル(Ripple)の採用カジノ

ビットカジノ




Bitcasinoの詳細はこちら



ベラジョンカジノ




ベラジョンカジノの詳細はこちら



インターカジノ




インターカジノの詳細はこちら



Bettilt




Bettiltの詳細はこちら



CASINO-X




CASINO-Xの詳細はこちら




オンラインカジノのおすすめ入出金方法

※ クレジットカードは「日本のクレジットカード」に対応しているかを基準にしています。
※ 2016年9月15日の「NETELLER」決済終了に伴い「iWallet」「ecoPayz」が導入されました。

5段階評価銀行出金,カード入金電子決済
評価5銀行個人口座








評価4
Vプリカ
評価3エントロペイ
評価2三井住友VISAデビット
評価1
未対応Dinersクレジット
MUFGデビット
PayPal
ネッテラー
アイバンク
ウェバンク
ウェブマネー
ビットキャッシュ


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング