フランスカジノホテルランキング&比較評判

目次

1. フランスカジノの施設一覧
 ・カジノバリエール・ハイアット
 ・カジノバリエール・メリディアン
 ・カジノバリエール・カンヌ
 ・カジノバリエール・マリオット
 ・パームビーチカジノ
 ・ロイヤルカジノ
2. 今月のオンラインカジノおすすめランキング
 ・ベラジョンカジノ
 ・インターカジノ
 ・カジノシークレット



フランスカジノホテルランキング&比較評判記事一覧

≫ 画像付きフランスカジノホテル一覧はコチラ



フランスには、カンヌ、ニース、ディボンヌ、エビアンなどにカジノ施設があり、その他にもパリ郊外のアンギャン、ノルマンディ海岸のドービル、リヨン郊外の温泉保養地・シャルボニエールなど、合計100以上のカジノ施設があります。しかし、ほとんどのカジノが交通手段の少ない保養地・温泉街に併設されているため、基本的に車で行くケースが多いといえます。



下記に、カンヌ、ニースといった世界的な人気観光地の「コートダジュール」(Côte d’Azur)地区にあるカジノ場の一部をご紹介しますが、コートダジュールのカジノ場は基本的に大型ホテルに併設される形式をとっており、カジノギャンブルを目的にこの地を訪れる観光客はほとんどいないと思います。また、カジノは「ルシアン・バリエール」(LUCIEN BARRIÈRE)の系列店が中心で、こちらは南フランスで「プロヴァンス」地区に3施設、「コートダジュール」地区に4施設、「ブリアンソン」に1施設の合計8施設が展開されています。カジノ場の営業時間に関しては、午前10時頃から翌朝4時頃までと時間が指定されており、さらに午前中はマシンゲームやデジタルゲーム、午後3時~夜8時以降からテーブルゲームが遊べるというスケジュールが一般的です。



ちなみに余談として、フランスとスイスの国境近くにある小さな街「ディボンヌ」(Divonne)のカジノ場は、2000年ころまでフランスで最も収益の高い人気カジノとして栄えてきましたが、スイスのジュネーブ空港に隣接する「モーベンピックホテル&カジノ」(Movenpick Hotel & Casino)などの開業によって客足が少なくなり、現在では最盛期当時の活気は残っていないそうです。とはいえ、レマン湖やモンブランなど壮大な景色を望む立地に加えて食事がおいしいディボンヌには、毎年ジュネーブに本部を置く国連機関の職員や外交官、さらにはプライベートバンクを利用する富裕層を中心とした観光客がカジノに訪れます。



一方、ディボンヌからレマン湖沿いを車で40分行った場所にある「エビアン」(Evian)は、おいしいペットボトル水の産地として世界的に知られていますが、ヨーロッパではカジュアルな印象が強いカジノ場が多く、スロットマシンの設置台数が多い傾向があります。



カジノバリエール・ハイアット

19世紀よりヨーロッパの貴族たちに愛されてきた高級リゾート地「コート・ダジュール」。その中心都市・ニースを代表するカジノ付きホテル「パレ・ドゥ・ラ・メディテラネ」内の「ハイアットリージェンシーニース」(HYATT REGENCY NICE)は、透き通るようなコバルトブルー色の地中海を真近に望む5ッ星ホテルです。[* 下:ハイアットリージェンシーホテルのレセプション]地中海沿いの遊歩道であるプロムナード・デザングレ(イギリス人の遊歩道)に建ち並ぶ高級ホテルの1つで、セレブの雰囲気にぴったりな白亜の城のイメージがあります。また、ホテル以外にもカジノやプールが併設されています。[* 「ネグレスコ」の外観とホテルフロント]…


≫ 続きを読む

≫ 目次に戻る



カジノバリエール・メリディアン

「ル・メリディアン・ニース」(Le Meridien Nice)は、地中海沿いの遊歩道であるプロムナード・デザングレに建ち並ぶ高級ホテルの1つで、「パレ・ドゥ・ラ・メディテラネ」から通り沿いを東へ1~2分行った先にあります。ニースでは、「パレ・ドゥ・ラ・メディテラネ」とともにカジノを併設した場所として有名です。リゾート内のカジノ場「CASINO BARRIÈRE LE RUHL-NICE」は、フランスの各地でカジノ場を展開するルシアンバリエール(LUCIEN BARRIÈRE)の系列店で、南欧では8施設が展開されています。(プロヴァンス地区3施設・コートダジュール地区4施設・ブリアンソン1施設)[* カジノ場入口]カジノ場はスロットマシン・デジタルルーレッ…


≫ 続きを読む

≫ 目次に戻る



カジノバリエール・カンヌ

「カジノ・バリエール」(Le Croisette – Casino Barriere de Cannes)は、SNCF鉄道カンヌ駅から南へ徒歩約5分にあるルシアンバリエールホテル&カジノの系列店です。カンヌ映画祭のレッドカーペットで有名な「フェスティバル国際会場」(Palais des Festivales et des Congres)に隣接する当カジノ場は、濃い茶色を基調とする西部劇的アメリカンな空間で、1階にカジノゲームルーム、2階にレストランが入る円形フロアになっています。[* 下:ベントレーと高級ブティック通り]入場料無料で、荷物はフロントクロークに預けます。また、パスポートチェックがあり、ドレスコードは基本的にありません。近郊の海岸沿いを走るクロワゼット…


≫ 続きを読む

≫ 目次に戻る



カジノバリエール・マリオット

「カジノ・バリエール」(Les Princes – Casino Barriere de Cannes)は、JWマリオットホテルの地下1階にある「ルシアンバリエールホテル&カジノ」の系列カジノです。入場料無料で、荷物はフロントクロークに預けます。また、パスポートチェックがあり、ドレスコードは基本的にありません。[* JWマリオットとホテル前の地中海ビーチ]当カジノホテルは、「フェスティバル国際会場」(Palais des Festivales et des Congres)前を走るクロワゼットビーチ(Plage de la Croisette)沿いの大通りにあり、地中海の美しい海岸やエルメス、ドルチェ&ガッバーナ、ラルフローレン、バーバリー、バレンシアガなど名のある高級ブティックの店舗…


≫ 続きを読む

≫ 目次に戻る



パームビーチカジノ

「パームビーチ・カジノ」(Casino Palm Beach)は、SNCF鉄道「カンヌ」駅から徒歩約25~30分の海岸前(岬の先端)にあるカジノです。カジノは海岸を目の前に望み、場内は陽光が差し込む開放的な空間です。[* 施設前に広がるポートパームビーチとカジノ外観]また、天井が高くマホガニー様木材の豪華な色とホワイトカラーの組み合わせにより、味わい深い内装で造られています。カジノ場は入場料無料で、荷物はフロントクロークに預けます。また、パスポートチェックがあり、ドレスコードは基本的にありません。[* 上:カジノ場入口/下:カジノ内観入口と場内テラス]目の前がビーチだからか、短パン・サンダルで堂々と入場するおじさんの…


≫ 続きを読む

≫ 目次に戻る



ロイヤルカジノ

「プルマンカンヌカジノ」(Pullman Cannes Mandelieu Royal Casino)は、カンヌ・マンデリュー空港の近郊にあるプルマンホテルチェーン店の併設カジノ場です。[* 下:ホテル内プールとレセプション]連日多くの宿泊客に利用されています。天井の低い、黒を基調とするカジノ場は、プルマンホテルの地下1階にあります。規模は、ラスベガスの「Super 8」や他のコートダジュールカジノ(ニース・カンヌ)やモナコカジノと同程度で、スロット・マルチ電子ルーレット「LOTUS ROULETTE」など、ほぼマシーンゲームしか置いていません。[* ブラックジャック・ルーレットテーブルも少数あり。][* カジノ前の螺旋階段とカジノ場入口]また、海とプールを…


≫ 続きを読む

≫ 目次に戻る




今月のオンラインカジノおすすめランキング

ベラジョンカジノ



ベラジョンカジノの詳細はこちら



インターカジノ



インターカジノの詳細はこちら



カジノシークレット



カジノシークレットの詳細はこちら


≫ 目次に戻る