カジノブラックジャック必勝法は直感&運(ツキ)を信じること!?

2つの王道ブラックジャック攻略法




ブラックジャック必勝法を語るにあたり、まずは必ず覚えておきたい基本的なブラックジャック攻略法として、「ベーシックストラテジー」と「カードカウンティング」の2つがあります。ベーシックストラテジーは、ディーラーとプレイヤーのハンドの種類によってヒット(Hit)、スタンド(Stand)、ダブルダウン(Double Down)、スプリット(Split)などの打ち手(アクション)を決める手法のことで、効率良く勝てるアクションがまとめられたベーシックストラテジーチャート表を事前に丸暗記しておいて、実際のブラックジャックゲームで使用していきます。


* ただし、オンラインカジノのブラックジャックでは、チャート表を見ながらプレイが可能です。


★ベーシックストラテジー表はコチラ
カジノブラックジャックの攻略法&必勝法6選(完全版)



また、カードカウンティングは、ゲーム内で出現した絵札(10,J,Q,K)とエース(A)の合計20枚を記憶して、残っているカードを予測する手法のことを言い、未だ出現していないカードにこれらの絵柄カードがどれくらい残っているかによって、アクションを起こすか否かを決めていきます。しかし、現在は多くのカジノ場で暗黙的に禁止されている必勝法なので、リアルカジノのブラックジャックで使用する場合は、カジノディーラーやスーパーバイザー、ピットボスなどの従業員に怪しまれないように注意する必要があります。




直感“でブラックジャックに挑む

このように、これら2つの方法がブラックジャックの王道とも言うべき攻略法となりますが、じつはカジノVIPルームでプレイするハイローラーをみるかぎり、ブラックジャックで本当に強いプレイヤーは、「ベーシックストラテジー」や「カードカウンティング」といった、いわゆるブラックジャックで勝率が上がる攻略法のセオリー通りに賭け金をベットしていないという現状があります。



たしかにブラックジャックでは、ベーシックストラテジーやカードカウンティングが確率論上かなり有効な必勝方法であることは確かですが、指示されたセオリー通りにプレイしていては、いつまでたっても大きな勝ち運の波に乗ることができないばかりか、少額をベットし続けた結果「大数の法則」が運悪く働いて負け越してしまう恐れもかなりの高い確率で起こってしまいます。そこで、その場のゲーム状況に合わせて、直感に任せて打ち手を変化させるプレイをすることがブラックジャックで大きく勝つためには必要で、実際彼らは計算上負ける確率が高い場合でも独自のプレイスタイルを貫き通します。




“の流れを創り出す

また、ブラックジャックで勝てる強いプレイヤーは、運を取り込むために確立された自己流スタイルを持っており、たとえばゲームテーブルに着席する前にそのテーブルを取り仕切る担当ディーラーをじっくり観察し、ディーラーと少し会話をしてから自分とのゲームの相性を確かめて席につくプレイヤーや、カジノゲームでベットした金額分や勝ち金の一部をディーラーなど他者へチップとしてプレゼントするプレイヤーもいます。とくに後者に関して、ラスベガスカジノで有名なカジノディーラー・片桐ロッキー寛士さんによると、負けた時でも数百万〜数千万円分のチップを周囲に還元する気前が良いホエール(上客のハイローラー)も存在するのだそうです。



このように、カジノのブラックジャックで勝つためには、ブラックジャックの攻略法をセオリー通りに使用せずに、プレイヤー自身の直感によってアクションを変化させていくだけでなく、お金の流れをせき止めずに周囲の人たちに還元することで、運やツキをさらに大きく呼び込もうとする姿勢が重要になるのかもしれません。


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング