ブラックジャックの用語

ブラックジャックの用語



ベット(BET)


チップを賭けること。



ディール(DEAL)


ディーラーがカードを配ること。プレイヤーがベットを完了させてからおこなわれる。



ヒット(HIT)
プレイヤーが追加カードを受け取ることを言い、テーブル上を指で軽く2回叩くか、引っ掻く動作を行ってディーラーに知らせる。



スタンド(STAND)、ステイ(STAY)


プレイヤーが追加カードを受け取らないことを言い、手のひらをテーブル上部に向けて、左右に手を振るジェスチャーを行いディーラーに知らせる。



スプリット(SPRIT)


最初に配布された2枚のカードが同じ数字の場合、2つのハンドに分けてそれぞれ追加で同額をベットすること。一般的に4つのハンドに分けることまで可能。



ダブルダウン(DOUBLE DOWN)


最初に配られたカードの合計が10または11の時、「次のカードをひいても21を超えない」または「10/J/Q/Kが出る確率が高くこれらをひけば20か21になる」という理由からカードを残り1枚しかひかないことを決めて、賭け金額を2倍にしてもう1枚カードを引くこと。



インシュアランス(INSURANCE)


ディーラーの表向きにされたカードがAの時、もう1枚のカードが「10、J、Q、K」の確率が高く1/4の確率で21になるため、ディーラーのブラックジャックを予測し保険金をかけること。賭け金額の1/2までベット可能で、これが当たると2倍の配当(賭け金を含めて3倍の配当金)を手にできる。ただし、ブラックジャックでなかった時は保険金も没収される。



サレンダー(SURRENDER)


プレイヤーが最初に配布された2枚のカードを確認し、ディーラーに勝てないと判断してゲームを降りること。賭け金の1/2が返金される。



ブラックジャック(BLACK JACK)


2枚のカードがAとJ・Q・Kいずれかの組み合わせで、合計点数が21になる場合を言う。プレイヤーは賭け金額の1.5倍配当を得られる。



バースト(BURST)


カードの合計点数が21を超える(22以上)場合を言う。賭け金はすべて没収される。



プッシュ(PUSH)、スタンドオフ(STAND OFF)


ディーラーとプレイヤーそれぞれのカード合計点数が等しく、引き分けになる場合を言う。



ハードハンド(HARD HAND)


カードに「A」を含まない組み合わせか、「1」として数える場合を言う。たとえば、「9と7」、「2と6と8」、「Aと4と7」など。



ソフトハンド(SOFT HAND)


カードに「A」を含み、「1」、「11」いずれで数えても良い場合を言う。ただし、基本的には「11」と数える。



ペアカード(PAIR CARD)
手持ちのカードがペアの場合を言う。スプリットをして分割することが多くなる。



イーブンマネー(EVEN MONEY)
プレイヤーに最初に配布されたカード合計点数がブラックジャックで、ディーラーの1枚の表向きカードがAの場合、ディーラーのもう1枚の裏向きカードをフェイスアップする前に1倍配当を受け取ること。ディーラーがブラックジャックであっても事前に配当を確保できるが、ディーラーがブラックジャックでない時は1.5倍配当を受け取ることができない。イーブンマネーを選択せず、ディーラーがブラックジャックになった場合は、プッシュ(Push)となる。


関連記事


今月のオンラインカジノ総合ランキング